2009年10月30日

直観を養う第一歩

突然、心に誰かがよぎったら、電話をしてみる。今、すぐに店に行くべきだと感じたら、遅くなるまで待たずに、行って見る。ひょっとしたら、途中でタイヤ交換をしている人に出会い、助けてあげられるかもしれない。
パワー・オブ・フロー チャーリーン・ベリッツ+メグ・ランドストロム 菅靖彦 訳 P171

「思い立ったが吉日」という言葉が日本にもありますが、なかなか思い立っても実行するのは難しいことです。
する必要がない理由を挙げてやらなかったり。
でも思い立ったということは何かの意味があるわけで、とりあえず動いてみるというのは大事なことなのかもしれません。



パワー・オブ・フロー

パワー・オブ・フロー

  • 作者: チャーリーン ベリッツ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: 単行本





posted by たか at 05:44| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。