2009年10月29日

良い仕事に就くには

最終的に良い仕事に就けるのは、主体的に問題解決に貢献する人だけなのである
7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー ジェームズ・スキナー 川西茂 訳 P93〜

日々の仕事に追われていると、「主体的に」動くことを忘れてしまいます。
著者は「頭と率先力を使え」と言います。
そうできる人とできない人とでは5000%もの差があるのだとか。
では、率先力を使うためにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、「言葉」を変えるべきだといいます。
「どうしようもない」「生まれつき〇〇だから・・・・・・」
という反応的な言葉から、「代替案を考えてみよう」「そうすることに決めた」という主体的な言葉に変えるべきだと。

著者は「影響の輪」「関心の輪」という概念を用い、「影響の輪」すなわち自分でコントロールできるものに集中すべきだといいます。
詳しくは以下リンクにあるので省略します。
http://www.franklincovey.co.jp/products/learning/monthly7habits/m7h_05.html


7つの習慣―成功には原則があった!

7つの習慣―成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R. コヴィー
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12
  • メディア: 単行本



posted by たか at 05:12| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。