2010年06月26日

無茶と無茶苦茶

"無茶"が"無茶苦茶"になってしまうと、人様に迷惑をかけたりとか、独りよがりとかいったことが多くなってしまう。
人を見抜く技術 桜井章一 P118

無茶と無茶苦茶、ぱっと見そんなに違わないような気がします。
理性が残っているのが「無茶」で、なくなってしまっているのが「無茶苦茶」というところでしょうか。
ある目的のために、なんでもかんでもやってしまう。というのは「無茶苦茶」でしょうね。
思い切ってやるけれど、他人の迷惑や最悪のリスクまで考慮に入れられれば「無茶」。
思い切って何かをやるとき、「無茶苦茶」にならないようにしたいですね。


人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 (講談社プラスアルファ新書)

人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 (講談社プラスアルファ新書)

  • 作者: 桜井 章一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/01/21
  • メディア: 新書




posted by たか at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。