2010年06月08日

仕事と遊びを区別しない生き方

だから僕は、哲学者アラン・ワッツの言うように、「仕事と遊びを区別してはいけない。それから、仕事と遊びを区別してはいけないということを、一瞬たりとも深刻に考えてはいけない」ということが大切だと思います。
アイデアは考えるな。 柳澤大輔 P187

今は、ワークライフ・バランスという言葉があるように「仕事と遊び(私生活)をバランスさせる」という風潮が強いような気がします。

これは、「仕事はつらいが、生活費を得るために仕方がない」という前提の上に成り立っているのではないでしょうか。
仕事が一種の罰ゲームになっていますよね。

でも、究極は遊びが仕事になることだと思います。
それ自体をやることが楽しい上に、仕事になる(お金になる)。
それだと、いくらでもやれます。
いくらでもやれるから、また仕事になる。
そうなると、バランスなんてどうでもいいですよね。
こんな生活にあこがれます。


アイデアは考えるな。

アイデアは考えるな。

  • 作者: 柳澤 大輔
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2009/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






posted by たか at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。