2010年06月30日

成り行きに任せない

達成へのプロセスには具体的な計画が当然必要と思われますが、驚くほど多くの人が、この重要なステップを成り行き任せにしています。(中略)そんないい加減な態度をとっていると、ぐずぐず延期したり、「未来のこと」ばかり考えるようになります。そして、ゴールへの歩みを遅らせ、あなたの望みの実現を完全に妨げるでしょう。
クォンタム・サクセス 奥野節子(訳) P239

計画の大事さは、なんとなくわかりますがなかなか作るのは難しいものです。
一方で、計画するばかりで行動できないということもあります。
また、「やりたいことをやっていたら引き寄せられるように良いことが起こるようになった」という人もいます。
大事なのは、望みと行動が一本筋が通っていることではないでしょうか。
綿密な計画でなくても、「自分の望みがこうだから、これをやる」というのがはっきりしていれば、それが計画といえるのかもしれません。


クォンタム・サクセス―運命を創造する波動の法則

クォンタム・サクセス―運命を創造する波動の法則

  • 作者: サンドラ・アン・テイラー
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/09/27
  • メディア: 単行本



posted by たか at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

「チャレンジしない」にもリスクはある

人生にはリスクがつきまとう。だからといって、何も新しいことにチャレンジせず、現状維持を決め込んでいても、リスクはある。
一勝九敗の成功法則 ジョン・C・マクスウェル 齋藤孝(訳) P123

新しいことにチャレンジしないほうが、リスクはあると思います。
私はおそらく潰れることのない超安定企業に勤めていたことがあります。上司や同僚があまりにリスクを取らない選択ばかりとっていました。
おそらく、今までうまくいっていたことを堅守しようという意図があるのだと思います。
でも、それがお客さんにとっていいことなのか? というとそうでもなかったりもしました。
今は超安定でも、ちょっとした変化でぐらつくのではないかという気もします。
やはり、どこかでチャレンジする勇気が必要なのかな、と思います。


「一勝九敗」の成功法則 (知的生きかた文庫)

「一勝九敗」の成功法則 (知的生きかた文庫)

  • 作者: ジョン・C・マクスウェル
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2010/03/20
  • メディア: 文庫



posted by たか at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

踏み出す勇気

どんなに怖くても、足を踏み出さなければならない。さもないと、踏みにじられる。
トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦1 ブランド人になれ! トム・ピーターズ 仁平和夫 P156

進むにあたり、恐怖を持たない人というのはいないと思います。
しかし、そこで一歩踏み出すか、踏みとどまるかで大きく結果が異なると思います。
さらに言うと、そこで失敗するかもしれませんが、それを学習と見るか、恥と見てしまうかでしょうね。
学習と見ることができれば、恥はなくなりますよね。
その勇気を持ちたいものです。


トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))

  • 作者: トム ピーターズ
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 単行本



posted by たか at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。