2010年04月26日

知識が弊害に?

せっかく教えを受けているのに、「そんなこと知ってます」「わざわざ言われなくても大丈夫です」といった気持ちを捨てられない人が大勢いる。
身につけた知識にこだわるという心は、その時点で硬直化している。新しくて、本当は役立つ発想を、わざわざ自分で排斥してしまっている。

いまこそ中村天風に学ぶ 松本幸夫 P46

これは、私の場合非常に良く当てはまります。
読書や勉強が好きで、中途半端に知識があるために、人が話していることが「ああ、アレのことね」とわかったつもりになってしまい、それ以降ちゃんと聞かなかったりします。本当は自分の知らないことを話しているかもしれないのに、ちゃんと聞かなかったせいで聞き逃しているかもしれません。知識があるせいで、逆にそれが弊害になってしまうのはすごく残念なことですね。


いまこそ中村天風に学ぶ (ベスト新書)

いまこそ中村天風に学ぶ (ベスト新書)

  • 作者: 松本 幸夫
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2009/06/09
  • メディア: 新書




posted by たか at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。