2010年04月30日

責任

彼ら働く人間が、他の誰よりも、自分の仕事を「知って」いる。そして責任を負わされることによって、事実、彼らは責任ある人間として行動する。
ポスト資本主義社会 P.F.ドラッカー (訳)上田惇生、佐々木実智夫、田代正美 P193

進んで責任を負うという人は、そんなにいないと思います。
責任を負うことなく、のびのび自由にやりたいとか。
でも、責任がなければ行動をしないかもしれません。
仮に行動したとしても、集中せず、さえない結果に終わってしまう可能性もあります。
それだと、成長がありませんよね。
人に仕事を任せるときも、自分で仕事をするときも「自分が責任をとる」というスタンスで臨むべきなのでしょう。


ポスト資本主義社会―21世紀の組織と人間はどう変わるか

ポスト資本主義社会―21世紀の組織と人間はどう変わるか

  • 作者: P.F. ドラッカー
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 1993/07
  • メディア: 単行本



posted by たか at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

前例や類似例のないことに挑戦する

前例や類似例がないことを、心のブレーキにしてはならない。まったく新しいアイデアだからこそ、まったく新しいビジネスを生み出せると考えるべきだ。前人未到のフロンティアには、思いがけない宝が眠っている。
いまこそ中村天風に学ぶ 松本幸夫 P126

前例や類似例のないことは、自分にもブレーキがかかります。
また、他人に話してもすぐに反対される可能性が高いと思われます。
しかし、あえて挑戦することで新しいビジネスが生み出せるのかもしれません。
しかし、新しいビジネスは、リスクが非常に高いです。小さなことから始めていけば、リスクヘッジしながら育てられるかもしれませんね。


いまこそ中村天風に学ぶ (ベスト新書)

いまこそ中村天風に学ぶ (ベスト新書)

  • 作者: 松本 幸夫
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2009/06/09
  • メディア: 新書



posted by たか at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

自分を見限らない

天風にとって、自分を見限って、何をなすこともない人生を送っている人を見ることほど、残念なことはなかった。それぞれの貴重な人生を浪費しているからである。
中村天風 「幸せを呼び込む」思考 神渡良平 P158

大人になってくると、自分を見限っていきがちです。
「もう若くないから」「失敗をたくさんしてきて、自分には何もないから」と言ってチャレンジしなくなります。
こう思うのは最もなことです。私も、そう思ってなかなか動けない方です。
でも、それだと残念な人生です。
集中力をもって、何かにチャレンジしていきたいものです。


中村天風「幸せを呼び込む」思考 (講談社+α新書)

中村天風「幸せを呼び込む」思考 (講談社+α新書)

  • 作者: 神渡 良平
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/04/21
  • メディア: 新書



posted by たか at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。