2010年03月13日

「知識の隙間」を刺激する

知識の隙間は興味を生み出す。だが、知識に隙間があることを実証するためには、まず何らかの知識に光を当てる必要がある。
アイデアのちから チップ・ハース ダン・ハース 飯岡美紀(訳) P130

知れば知るほど、知識に隙間ができます。
ここで大事なのは、隙間をいかに刺激するか、ですよね。
ここに出てくる「まず」は、映画の宝地図の目印とか×印、ぐらいみたいです。カーナビみたいに全部答えをいうのはダメらしいです。
好奇心を刺激するものを的確に、小出しにしていくことが大事だとか。


アイデアのちから

アイデアのちから

  • 作者: チップ・ハース
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2008/11/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by たか at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。