2010年03月18日

常にイメージする

最高のパフォーマンスを披露した選手たちをインタビューしてわかったのは、みんな、練習のときも、実際の競技のときも、なんらかの形で精神的なリハーサルを行っているということである。
なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 P179

よく、「成功した姿をイメージしよう」というのは色んな本に書いてあります。大事なのは、本番のときだけではなくて常日頃から成功したイメージを思い描くことなんですよね。そうすることで、引き寄せられるのかもしれません。


なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)

  • 作者: ケリー・グリーソン
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2003/04/02
  • メディア: 文庫



posted by たか at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

「一心」が引き寄せるもの

一心に取り組もうと決意するまでは、ためらったり、やっぱりやめようと思ったりする。また、成果が得られることは断じてない。(中略)一心に取り組むことを決意すると、その瞬間に神意も動き出すのである。あらゆることが起きて、助けてくれるようになる。――W・H・マリー
シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップ ジョセフ・ジャウォースキー 野津智子訳 金井壽宏監訳 P206

「一心に取り組む」なんてことは、私にとってはそうあるものではありません。せいぜい、受験のときくらいでしょうか。
仕事も、「仕事以外に何か見につけなくては」と妙に焦っていて「一心に」取り組んだことはあまりなかったように思います。
この「一心に取り組もう」という決意を取り戻すことができれば、人生が変わるかもしれません。

この本は、何かをやろうと思っていてもなかなかできない人にお勧めです。


シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップ

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップ

  • 作者: ジョセフ・ジャウォースキー
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2007/10/02
  • メディア: 単行本



posted by たか at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

新人を育てるには

新人の場合は経験が浅いから、負けぐせがつくと致命的だ。最初に失敗を体験させると、いつまでも引きずることになりかねない。誤ったマネジメントは有能な芽を摘んでしまうのである。
短期間で組織が変わる行動科学マネジメント 石田淳 P127

自分が新人のときや、新人が入社したときの先輩方を見て、「新人の育て方ってこんなんでいいのか?」と思っていました。
小さくても良いから成功体験をさせるのがやはり大切ですよね。
失敗をしても、次にどうしたら良いかを考えてもらって、カバーできるようにする環境が必要なのだと思います。


短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント

短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント

  • 作者: 石田 淳
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/09/29
  • メディア: 単行本



posted by たか at 03:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。