2010年02月15日

小さく始めて、大きく成長させる

どんな大企業も小さな商売から始まった。誰でも、広げる、真似をする、多角化する、組み合わせるなどして、小さな商売をワクワクするような成長ビジネスに変えることができる。
億万長者のビジネスプラン ダン・S・ケネディ 牧野真(訳) P280

「こんなこと考えているけど、まだしょぼいからできない」と考えてやめてしまうことがあります。
しかし、大きくするのは後回しにして、まずはしょぼいまま始めて、それから育てていけばやがて大きくなるかもしてません。
やはり、まず始めてみることが大事なんでしょうね。


億万長者のビジネスプラン―ちょっとした思いつきとシンプルな商品があればいい

億万長者のビジネスプラン―ちょっとした思いつきとシンプルな商品があればいい

  • 作者: ダン・ケネディ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/07/31
  • メディア: 単行本



posted by たか at 05:31| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

進む勇気

結局、幸運を手に入れられるかどうか、つまり成功するかどうかは努力に加え、『進む勇気』を持つことが大事なんだ。逆に言えば、『進む勇気』がない人間には、成功と言う報酬を手にすることはできない。
ゼロから億万長者になった お金持ち100人の秘密のきっかけ P153

何かを成すには、考える→始める→やり続ける、といったプロセスが必要だと思っています。
おそらく、「考える」または「始める」の段階でやめてしまうことが多いのではないでしょうか。
「進む」というのは、とにかく毎日続けることだと思います。
でも、頭の中に「うまくいかないだろう」「今うまくいっていない」という考えがもたげてくるとやめてしまう。
もし現在うまくいってなくても、やり方を変えてみればうまくいくかもしれません。それが「進む勇気」なのではないかと思います。


「お金持ち」100人の秘密のきっかけ

「お金持ち」100人の秘密のきっかけ

  • 作者: マル秘情報取材班
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2009/09/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





posted by たか at 04:11| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

優柔不断の害

弱体な国家は、常に優柔不断である。そして決断に手間取ることは、これまた常に有害である。
マキャヴェッリ語録 塩野七生 P181

これを聞くと日本は随分「弱体な国家」であると言えるんじゃないか、
とゾッとしました。
国に限らず、ビジネスにおいても優柔不断であることは「有害」なのでしょうね。何も決められないというのは、それだけチャンスを逃しているのですから。


マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)

マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)

  • 作者: 塩野 七生
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1992/11
  • メディア: 文庫



posted by たか at 04:52| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。