2010年01月15日

絶対辞めたくないビジネス

私を立ち直らせてくれたのは、友人のトニー・ケップルマンだった。辞めるのか?と訊ねた彼に、私は「死んでも辞めない」と答えた。「ならば、幸せと思え」と彼は言った。「なりたい自分になれたんだ。そうだろう? 厳しいことも、ひとつやふたつ、あるに決まってる。カヤの外に居た人間が活躍の舞台に上がるための代償だ。文句を言わず、今の自分の姿に満足することだ」
やりとげる力 スティーヴン・プレスフィールド 宇佐和通(訳) P104

著者は脚本家で、自分が書いた「キングコング2」の感想を映画館で聞いたら「サイテーだ」といわれた後の友人との会話です。
つらいフィードバックをもらった後に「絶対にやめない」と言い切れる著者は凄いと思います。
何かあると、すぐに「辞めたい」と思ってしまう私などにとってはうらやましいと思うとともに、それだけ気持ちの込める仕事を自分はやっているのか、と自分を省みたくなります。


やりとげる力

やりとげる力

  • 作者: スティーヴン プレスフィールド
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本




posted by たか at 07:34| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。