2009年11月13日

ビジョナリーな人の仕事

ビジョナリーな人は一般的に、自分の仕事のことを<とびきりおもしろい>というように表現する。つまりこれは義務感だけで与えられた仕事をしているときに得られる経験とは、180度違った経験なのだ。
ビジョナリー・ピープル ジェリー・ポラス スチュワート・エメリー マーク・トンプソン 宮本喜一訳 

自分の仕事が<とびきり面白い>と感じている人というのは、果たしてどのくらいいるんでしょうか?
少なくとも私は、義務感だけで仕事してます・・・・・・。

よく「好きな仕事を選ぶのではなく、今の仕事を好きになれ」みたいなことを言う人がいますが、無理をして仕事が好きになることというのはめったにないのではないでしょうか? 

何年かやって面白いと思わなかったら異動なり転職なりをすべきなのかもしれませんね。まあ、仕事を変えても、それが面白いかどうかの保障もないですが・・・・・・。

突き詰めると、「自分は何がしたいのか?」ということを真剣に考えていくしかないのでしょうね。






ビジョナリー・ピープル

ビジョナリー・ピープル

  • 作者: ジェリー・ポラス
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2007/04/07
  • メディア: 単行本





posted by たか at 04:51| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。