2009年10月31日

「エア起業」に注意!

何事にも次々関心を持つ人のなかには、アイデアを出すばかりで何もしない人がいます。それでもやったつもりになって「こりゃ、だめだ」とやめてしまいます。何もやらずに「うまくいきそうにない」とか「自分には合わない」などと勝手に判断します。私は、それを「エアギター」ならぬ「エア起業」と呼びます。
週末起業サバイバル 藤井孝一 P126

本書を立ち読みしたとき、この「エア起業」という言葉が強烈で思わず買ってしまいました。
私自身、色々とアイデアを夢想しては消えていく「エア起業」の状態にあるからです。
筆者は「まずはお金がかからないやり方で取り組むこと」が重要であると述べています。いきなり大金を投じてしまうと、失敗したときに取り返しがつかなくなってしまうということだそうです。
最初は失敗するのが当たり前として、何かに取り組む、という姿勢を持っていきたいものです。



週末起業サバイバル (ちくま新書 811)

週末起業サバイバル (ちくま新書 811)

  • 作者: 藤井 孝一
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 新書




posted by たか at 06:10| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

直観を養う第一歩

突然、心に誰かがよぎったら、電話をしてみる。今、すぐに店に行くべきだと感じたら、遅くなるまで待たずに、行って見る。ひょっとしたら、途中でタイヤ交換をしている人に出会い、助けてあげられるかもしれない。
パワー・オブ・フロー チャーリーン・ベリッツ+メグ・ランドストロム 菅靖彦 訳 P171

「思い立ったが吉日」という言葉が日本にもありますが、なかなか思い立っても実行するのは難しいことです。
する必要がない理由を挙げてやらなかったり。
でも思い立ったということは何かの意味があるわけで、とりあえず動いてみるというのは大事なことなのかもしれません。



パワー・オブ・フロー

パワー・オブ・フロー

  • 作者: チャーリーン ベリッツ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: 単行本





posted by たか at 05:44| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

良い仕事に就くには

最終的に良い仕事に就けるのは、主体的に問題解決に貢献する人だけなのである
7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー ジェームズ・スキナー 川西茂 訳 P93〜

日々の仕事に追われていると、「主体的に」動くことを忘れてしまいます。
著者は「頭と率先力を使え」と言います。
そうできる人とできない人とでは5000%もの差があるのだとか。
では、率先力を使うためにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、「言葉」を変えるべきだといいます。
「どうしようもない」「生まれつき〇〇だから・・・・・・」
という反応的な言葉から、「代替案を考えてみよう」「そうすることに決めた」という主体的な言葉に変えるべきだと。

著者は「影響の輪」「関心の輪」という概念を用い、「影響の輪」すなわち自分でコントロールできるものに集中すべきだといいます。
詳しくは以下リンクにあるので省略します。
http://www.franklincovey.co.jp/products/learning/monthly7habits/m7h_05.html


7つの習慣―成功には原則があった!

7つの習慣―成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R. コヴィー
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12
  • メディア: 単行本



posted by たか at 05:12| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。